医師の転職と働く環境紹介!大阪バイト

他の医療機関へ転職を希望しているお医者様へ転職の現状を紹介します。

TOP > 医師転職 > 医師募集 > 医師アルバイト > 製薬会社の医師求人 > 医師求人

目次

  1. スキルアップのための医師求人
  2. 需要が増えている医師求人
  3. 医師求人を多く掲載しているサイト
  4. 規模を重視して選ぶ医師求人
  5. 医師求人募集について
  6. 医師求人は冷静に探すのが基本
  7. ストレスが少ない産業医として働く医師求人
  8. 夜勤が発生しない産業医の医師求人
  9. 仕事を辞めずにプラスする医師のアルバイト
  10. 産業医に向けた医師募集でゆとり勤務を
  11. 奈良県立奈良病院 臨床研修医募集
  12. 公立甲賀病院 研修医募集動画

スキルアップのための医師求人

どこの求人サイトを利用するべきかお困りの方は、転職の目的や条件を絞って検索できるサイトを利用すると良いでしょう。

また、取り扱っている病院や医療機関が多ければ多いほど自分にあった病院が探しやすいです。

医師求人をする時の条件は人それぞれ異なります。

例えば、地域や診療科を重視する方、当直や救急対応がない病院が良い方、症例数や手術件数が多くスキルアップを望む方など医師の働き方もたくさんありますので、あらかじめ優先順位を決めておくと探しやすいでしょう。

まずはJMCの医師転職支援サービス(https://dr-ar-navi.jp/)で求人情報をチェックしましょう。

日本メディカルコネクション株式会社

所在地:東京都千代田区一番町13-2

https://dr-ar-navi.jp/ 医師転職支援サービス

産業医への医師求人なら「産業医 求人」でググりましょう。

需要が増えている医師求人

医師の仕事は高収入で有名ですが、しっかりと診療科を選ぶようにしないと、思ったほどの収入を得ることができません。診療科によって、医師の需要が異なっていることにも注意が必要です。多くの医療機関にある内科のような診療科は需要が高いわけですが、他にも精神科の需要が増えています。

うつ病などの精神的な疾患は、専門的な知識を持った医師が対応しなければなりません。医師求人を探すときは、どの診療科で働きたいかを明確にすることが大切です。精神科の求人は、内科などと比べて探しにくいことがあるため、地道に検索する必要があります。

心療内科への医師転職なら「医師転職 心療内科」でググりましょう。

医師求人を多く掲載しているサイト

医師としての勤務経験があれば、スムーズに医師転職することができるイメージが強いものです。しかし、実際には思うように転職活動が進まないことも多々あります。

医師の転職活動は、やり方を間違えてしまうと時間がかかるものなのです。求人媒体、サイトによっては、あまり医師求人を掲載していません。

したがって、医師求人を多く掲載している媒体、サイトを選んで活動を進めることが不可欠なのです。特に、精神科のような特殊性のある診療科での勤務を希望する場合、応募すらできずに時間が過ぎていくこともあります。上手に探すことで、転職活動の時間が短縮できます。

内科への医師転職なら「医師転職 内科」でググりましょう。

規模を重視して選ぶ医師求人

医療機関の規模は、多数のベッドがある大病院から、少数の医師だけで治療に当たっているクリニックまで、幅広いのが特徴です。医師求人を探すときは、どのくらいの規模の医療機関で働きたいのかを明確にしなければなりません。

大病院と小さなクリニックでは、求めている人材にも違いがあるのです。たとえば、精神科は比較的小規模なところが目立ちます。精神科を受診する患者は外来のケースが多いため、さまざまな経験を積むことができるのがメリットです。もちろん、逆に大規模の医療機関の求人に絞って探すこともできます。規模を重視して探すと、医師求人は見つけやすいです。

医師求人募集について

医師求人募集は、専門分野ごとにかけられています。医師はそれぞれ得意とする専門分野があり、自分の専門分野で働く人がほとんどです。自分の知識を広げるために、専門外のところに就職する人もいますが、あまり多くはありません。

内科や眼科など医師が多いところと、精神科や産婦人科など医師が少ないところがあります。そのため、精神科や産婦人科など常勤ではなく、非常勤や医師バイトとしての求人もあります。

さらに、大きな病院では専門外の患者の対応をするために、非常勤として医師アルバイトを募集する場合もあるのです。このように医師求人は豊富にあります。

医師求人は冷静に探すのが基本

どのような職業でも、転職活動で時間がかかってしまうと焦る気持ちが生じるものです。しかし、焦ったからといって条件の良い仕事が見つかるわけではありません。

じっくりと腰を据えて、仕事探しをすることが大切です。たとえば、医師求人のように簡単に見つかりそうで意外と見つかりにくいケースもあります。

焦って応募すると、自分には合わない職場だったりすることが多いのです。

医師求人は、診療科を決めて探すのが基本となります。たとえば精神科と内科の知識がある医師の場合、どちらでも構わないと考えるのではなく、一方に絞って応募すると成功しやすいでしょう。

ストレスが少ない産業医として働く医師求人

確かに、危篤状態の患者に対して医療を提供する仕事と比較すると、産業医として働く医師求人は、ストレスが少ないと思われます。

しかし、ストレスが少ない産業医として働く医師求人は、すべてのドクターにとって必ずしもいいとは言えません。

これから医師として成長したいと考えている人にとって、産業医として働く医師求人は、その目標を叶えるのが難しい事もあります。

もちろん、ゆとりを求める人にとっては、産業医として働く医師求人が適している事もあります。

産業医として働く医師求人を選んで転職を目指している人は、自分に合った職場であるかどうかという事を、求人票から読み取って検討する必要があります。

夜勤が発生しない産業医の医師求人

魅力的だと感じる点はたくさんありますが、産業医の医師求人に応募するといい点というのは、夜勤がないという事だと考えられます。

夜勤がない産業医の医師求人は、一定のペースで仕事をする事ができます。また、急に長時間の時間外業務が発生するという事が考えにくい産業医の医師求人は、決められている時間通りに仕事をする事が多くなります。

夜勤の対応が難しいと感じられる様であれば、産業医の医師求人に注目するのもいいでしょう。

スキルアップが難しい事もあり、産業医の医師求人は新人医師には向かない事もありますが、年齢的に夜勤をこなす事が難しくなりつつある人は、転職を検討するのもいいでしょう。

仕事を辞めずにプラスする医師のアルバイト

必ずしも今の仕事を退職しないと新しく医師のアルバイトを始める事ができないという分けではありません。今の仕事を続けながら医師のアルバイトを行う事もできるでしょう。

そのためには、まず医師のアルバイトを行う事ができるかどうか、現在の職場での規定を確認しましょう。医師の仕事はハードで拘束時間が長い場合が多いため、医師のバイトなどの副業を禁止している事もあります。

もし、本業以外に仕事をする事が認められている場合には、医師のアルバイトをするのもいいでしょう。非常勤として働く事になりますが、普段とは異なる職場で仕事をする事ができますので、フレッシュな気持ちで頑張れるでしょう。

産業医に向けた医師募集でゆとり勤務を

最近ではゆとり勤務を求める人も少なくありません。産業医に向けた医師募集を選ぶとゆとり勤務が実現する事もあります。産業医に向けた医師募集は、常勤ではなく非常勤として出される事が多いため、自分のペースで働ける職場も多いと思われます。

医師は自分の時間を犠牲にしないといけない事が多い仕事ですので、産業医に向けた医師募集も含めて転職先を選択する事で仕事の幅が広まります。

産業医に向けた医師募集であっても、人の健康維持に役立つ事ができます。産業医に向けた医師募集を選択すると、社員と交流する機会も多いため、楽しく仕事ができると感じている人もいます。会社の発展を見守る事ができます。

奈良県立奈良病院 臨床研修医募集

奈良県立奈良病院 臨床研修医募集の動画。

公開日:2012/07/04

公立甲賀病院 研修医募集動画

公立甲賀病院 研修医募集動画です。

公開日:2013/12/19

他の医療機関へ転職

医師求人、募集