医師の転職と働く環境紹介!大阪バイト

他の医療機関へ転職を希望しているお医者様へ転職の現状を紹介します。

TOP > 医師求人 > 医師募集 > 医師アルバイト > 内科への医師転職 > 医師転職

目次

  1. キャリアアップでなく開業を目指す医師の転職
  2. 医師転職サイトを見て思う事は
  3. 医師転職の際の退職のルール
  4. 医師転職の理由を考える意義
  5. 求められる診療科への医師転職
  6. 空き時間に活動する産業医への医師転職
  7. 医師転職期間中に行うスポットの産業医
  8. 医師転職は珍しくない
  9. 救急対応を行う医師のアルバイト
  10. 転職支援会社に相談できる医師募集
  11. 後からの条件変更は難しい美容外科の医師求人
  12. 稲沢市民病院平成31年度研修医募集
  13. 稲沢市民病院 令和2年度 研修医募集

キャリアアップでなく開業を目指す医師の転職

病院の中でキャリアアップする事を目指して転職する医師もたくさんいますが、中にはその様なキャリアアップする事を視野に入れていない医師もいる様です。

将来は自分で開業し医師として働きたいという人などは、そのための技術を身に付けたいと考え、転職する人もいる様です。

開業を目指す人の中には何でも自分でこなす必要があるため、比較的小さい規模の病院に転々と転職する事もあるみたいです。その方が全体を見渡しやすいという意見もある様です。

開業医は医療の面におけるキャリアアップのみならず、経営や財政などいろんな事ができる様になる必要があるかと思います。他の看護師などをまとめていく事も大事かと思います。

医師転職はここ。

医師転職サイトを見て思う事は

現代では、医師転職のサイトがあります。一般社会なら、転職の機会は当然多いです。転職の理由は様々ですが、収入面、労働環境やスキル向上の為に皆一度は考えていることでしょう。技術職、技能職の世界ではある意味一般化しているように思われます。名のある所で修行し、先人の技術を学び、またはより大きな仕事、方針に向かいます。体力のある内に様々な経験を積む事は大切でしょう。

医療従事者の世界ではどうでしょう。プライベートな時間が無いと諦めているのなら、医師転職サイトをお勧めします。まだまだ医局体制は強いですが、医療を最善の方法で提供するなら、新しいチャレンジは必要だと思います。

そんな医師転職サイトとして評判なのがJMCの医師転職支援サービス(https://dr-ar-navi.jp/)です。

日本メディカルコネクション株式会社

所在地:東京都千代田区一番町13-2

https://dr-ar-navi.jp/ 医師転職支援サービス

産業医への医師求人なら「産業医 求人」でググりましょう。

医師転職の際の退職のルール

医師転職の際に、希望の施設から内定がもらえたら、現在勤めている職場を退職する必要があります。入職先に目途が立った時点で、退職の意向を伝えるのが一般的なやり方です。

医局を出る際には、過去に転職した医師たちがいつ退局を申し出て、実際にいつ辞めたのかなどを確認して、適切な時期に申し出をおこないましょう。

民間施設の場合は、大体3カ月前までに申し出をして退職するというケースが多いといわれています。雇用契約書などを読んで確認しておきましょう。いずれにしても、職場に迷惑がかからないように、退職のルール確認は必須です。

医師転職の理由を考える意義

医師転職の理由については、じっくりと考えることが大切です。例えば今の職場が激務なので、もっとゆったり働きたいという場合は、具体的に自分がどのような働き方がしたいのか考えてみましょう。

今の職場は患者数が多いのか、それとも拘束時間が長いのかなど、整理しておくことで、どんな職場を探せばいいのか明確化されます。

また、人間関係による悩みで医師転職を考えている場合は、原因は上司や同僚なのか、現場全体の連携がとれていないのかなども、整理しておくといいでしょう。その際には、不満を抱いているのが自分だけではない場合、改善される可能性もあります。

求められる診療科への医師転職

医師転職を行う際、その多くはこれまで勤務してきた診療科は変更せずに、勤務地や病院のみを変更することが多いのが現状です。

現在、診療科による医師の充足数には格差が生じています。救急診療科や小児科、産婦人科、精神科といった診療科では慢性的な医師不足が叫ばれており、医師転職の際に医師の足りていないこれらの診療科への変更も求められています。

ですが、これらの診療科に転職を促すには、給与や報酬の待遇改善や勤務環境の整備といった受け入れ側の環境を改善する行動や、診療科の変更によって得られるスキルアップのシステム構築やキャリア構築のモデルを具現化するなど、課題を解決するための環境整備も必要といえます。

空き時間に活動する産業医への医師転職

今すぐに退職して産業医への医師転職を目指すと言っても、すぐに仕事が決まらなかったらどうしようと不安に感じる事もあるかと思います。

産業医への医師転職に向けた活動というのは、常に仕事を辞めてからでないとできないという分けではありません。

産業医への医師転職に向けた活動は、仕事をしながら、空き時間を使って行う事もできます。産業医への医師転職を行うには、仕事探しが転職活動の中でもメインとなります。

そのため、休みの日などを使って、産業医への医師転職に向けて、少しずつ準備を始めるのもいいでしょう。仕事をしていると、少しずつ準備を行う事ができるため、考えながら進める事ができます。

医師転職期間中に行うスポットの産業医

すでに資格を持っている人であれば、医師転職の期間を活かして、スポットの産業医の仕事を行うという方法もあります。

スポットの産業医の仕事をしながら、医師転職の期間に働く事ができれば、ブランクができてしまう事もありません。

また、医師転職の期間にスポットの産業医として活躍できれば、収入を得る事もでき、またキャリアを積む事ができます。

医師転職の期間であれば、本格的な仕事はできなくても、スポットの産業医など無理なく働ける仕事を選ぶのがおすすめです。

医師転職活動中にスポットとして産業医の仕事をするだけではなく、これからも本格的にこの仕事に携わっていきたいと考える人もいるでしょう。

医師転職は珍しくない

医師転職、ほとんどの人はこの言葉を聞いてもあまりピンとこないのではないでしょうか。医師も職業の一つですので、他の職業と同じように考えれば当然、転職という状況もあって然るべきかと思います。

たまにしか病院にお世話にならない人にとっては、病院にいる医師がそんなに入れ替わりがあるようなイメージはないでしょう。もちろん、町の開業医と大学病院に勤務している医師ではまた状況が違うでしょう。ただ、今の時代はそんな医師の為の転職サイトがあるようですし、それなりに医師転職は当たり前という認識なのかもしれません。

どのような理由で転職を考えるのかは人それぞれでしょうが、自分に合った職場で働けることが一番ですね。

救急対応を行う医師のアルバイト

よく医師のアルバイトを探してみると、救急対応を行う仕事もあります。救急対応を行う医師のアルバイトについては、急な対応が発生したり、時間外業務が長くなったりする事もあります。

しかし、医師のアルバイトであれば、常勤ほど勤務の時間は長くはない事もあります。救急対応を行う医師のアルバイトは、過酷だと感じる事もあるかと思いますが、非常勤であれば対応可能だという人もいるでしょう。

また、医療機関にとっても医師の負担を少しでも軽くする目的で医師のバイトを採用している事もあります。非常勤の仕事となれば、どうしても働く時間が短い事もありますが、貴重な経験を得る事ができるでしょう。

転職支援会社に相談できる医師募集

病院は忙しい中で医師募集を行う必要があります。また、医師募集に関するノウハウについては十分ではない事もあります。そのため、医師募集を行う時には、病院内だけで行うのではなく、転職支援会社に相談する事もできます。

転職支援会社に医師募集の事で相談すると、コストは必要になりますが、無事に適した人材が採用できる様にサポートしてくれます。医師募集において転職支援会社は選考もお手伝いしてくれますので、どの人材を採用すればいいか分からない時に相談する事もできます。

人材の採用は、自分達と共に仕事をする人を採用する作業になりますので、非常に重要です。実力だけでなく人柄も考慮しましょう。

後からの条件変更は難しい美容外科の医師求人

一部の美容外科の医師求人においては、条件の相談が可能な場合もあります。しかし、仕事が決まって働く段階になってから、美容外科の医師求人に記載されている条件を変更して欲しいという場合には、対応してもらえないケースもあります。

美容外科の医師求人に関して条件変更を希望するなら、早い段階で話を済ませておく必要があります。また、場合により、条件に関する交渉をするだけではなく、別の美容外科の医師求人を選択しないといけない事もあります。

美容外科の医師求人の条件変更を行う際は、良くない印象を持たれてしまう事がない様に注意しましょう。なるべく慎重に条件に関する話を進めるといいでしょう。

稲沢市民病院平成31年度研修医募集

稲沢市民病院平成31年度研修医募集

公開日:2018/07/19

稲沢市民病院 令和2年度 研修医募集

稲沢市民病院 令和2年度 研修医募集

公開日:2019/06/27

他の医療機関へ転職

医師求人、募集